#いまマーケティングが
できること

#いまマーケティングができること

 

探求と創発
挑戦しつづけることを、やめてはいけない。
マーケティングが生む答えは、日々、変わりつづけるものだから。
創発し、磨きあうことを、避けてはいけない。
研究者と実務者、それぞれがそれぞれのMarketing Heartを持ち寄り、
世界トップクラスのマーケティング力を培っていく。
そんなビジョンを全員が描ける場所が、必要だと思う。
私たちは、日本マーケティング学会です。

 
 これは学会設立にあたり、私たちの学会の存立意義を示したビジョンです。5月4日に今回の新型コロナ危機に対する緊急事態宣言が5月31日まで延長されることが発表されましたが、最初は楽観的に考えていた人も、長期戦を覚悟せざるを得ないと感じているはずです。
 
 誰もが、今回の新型コロナ危機はどのように収束に向かうのか不安に思っているのではないでしょうか。それは、今回の問題は私たちの生き物としての側面ばかりでなく、経済・社会の様々な課題が表出化したという側面も持っているからです。前者は医学の専門家が対処できる問題ですが、後者は医学や数学の知識がいくらあっても解決できる問題ではありません。
 
 期せずして、Zoomでミーティングを体験した人も多いと思います。私たちは体験から重要なことを学びます。これまでの仕事の進め方に新たな気づきがあった人も多いのではないでしょうか。同様に、多くの消費者はコロナがなければ体験しなかったことを体験しています。企業も消費者も新たな学びがあったはずです。ポスト・コロナは、企業と消費者の相互作用の中で、新しいアイデアで経済的活動を展開する多くの実践者により、これまでとは違った世界になるに違いありません。
 
 このようなときにこそ、探求と創発のための活動をやめてはいけないと思います。ハッシュタグに「#いまマーケティングができること」をつけて、会員の皆さんの活動をSNSで発信頂ければと思います。この思いを皆さんと共有して、これから新たな学会活動をオンライン上で積極的に展開していきたいと思います。
 

2020年5月8日
日本マーケティング学会会長 古川 一郎

 
 
 その第一弾として、申し込み時に、学会員の皆さんの気づきやアイデア、実践(工夫)例などの学びを頂いた上で、学会執行部6名によるオンライン緊急座談会を実施します。
 

#いまマーケティングができること 〜新型コロナ危機での探究と創発〜

司会進行・座談者:副会長 内田 和成(早稲田大学 大学院経営管理研究科 教授)
         同   西川 英彦(法政大学 経営学部 教授)
座談者     :会長  古川 一郎(武蔵野大学 経営学部 教授)
         副会長 田中 洋(中央大学 大学院戦略経営研究科 教授)
         同   小林 哲(大阪市立大学 大学院経営学研究科 教授)
         同   阿久津 聡(一橋大学 ビジネススクール 教授)
 

 
【日時】
2020年5月25日(月)19:30-21:30
 
【参加方法】
Zoomウェビナー(Webセミナー)
 
【注意事項】
*オンライン座談会は、ビデオ会議システムZoomのウェビナー(Webセミナー)を利用します。Wi-Fiにつながった、パソコンやタブレット、スマホから、ご参加ください。なお、マイクやカメラがついてなくても大丈夫です。
*申し込みをしたら、「イベント申し込み完了メール」のリンクからご参加ください。なお、参加にあたり、Zoomのアカウントは不要です。
*学会員向けの座談会のため、映像や音声の録音は禁止です。接続先のリンクを第三者に教えないでください。なお、画像のキャプションは問題ありません。ハッシュタグ「#いまマーケティングができること」をつけて、SNS等でぜひ発信をお願いします。
*ウェビナーでは、登壇者の映像や音声は共有されますが、参加者の映像や音声は共有されないので気軽に参加ください。参加者は、チャット等で登壇者とやり取りすることができます。
*初のオンライン開催にあたり、運営側が不慣れなためのトラブルや、参加者のインターネット接続、映像・音声等のトラブルには対応できないことを、あらかじめご了解ください。
 
【参加費】
無料
 
【定員】
先着500名(希望者が多い場合は、増枠を検討します)
 
【応募締切】
2020年5月25日(月)
 

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member