ニュースリリース

嶋口・内田研究会に無料ご招待
「クラウドサービス屋から見たマーケティングの最新事例」

嶋口・内田研究会に無料ご招待
 
「クラウドサービス屋から見たマーケティングの最新事例」
トレジャーデータ株式会社 マーケティング担当ディレクター 堀内 健后 氏
2016年1月25日(月)19:00より
於:社団法人日本マーケティング協会
共催:日本マーケティング学会

 

 現在、マーケティング学会と、嶋口・内田研究会は、学会プログラムとの統合を検討しています。嶋口・内田研究会とは、学会評議員の嶋口充輝氏(慶應義塾大学名誉教授)を中心とし、学会副会長の内田和成氏(早稲田大学商学学術院教授)を代表幹事とし、1984年以来200数十回以上続く、社会人が集う勉強会です。統合に向け、学会員の皆さまを無料で招待いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

【テーマ】
「クラウドサービス屋から見たマーケティングの最新事例」

 

【ゲスト】
トレジャーデータ株式会社 マーケティング担当ディレクター 堀内 健后 氏
 

 2011年3人の日本人がシリコンバレーで操業したトレジャーデータは、クラウドのデータマネジメントサービスを提供しており、日本でも多くの企業に採用されています。デジタルマーケティングの一環として、大規模な顧客の行動分析を実践しているリクルート、良品計画、すかいらーくや、IoTを活用した新しい領域に進出しているパイオニアなどがその一例です。
 今回は、そういったデジタルマーケティング、オムニチャネル、アドテクなど、データを活用した最新事例をお話させていただきます。
加えて、B2B企業の当社がマーケティングオートメーション(MarketoとSatori)を活用して、どのようにマーケティング活動をしているのかもご紹介します。

 
<堀内氏プロフィール>
 1976年、東京生まれ。2001年、東京大学大学院工学系研究科修了後、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現 日本アイ・ビー・エム株式会社)に入社。製薬会社や官庁、外資系銀行等の業務改革、システム改革のプロジェクトに多数参画し、経営の視点によるシステムのあり方や業務改革に関する専門的な知識を身につける。
 2006年、マネックスビーンズホールディングス(現 マネックスグループ株式会社)に入社、経営管理部において社内業務やシステム刷新のための複数のプロジェクトを担当。その後、企画室で組織改革や投資先の管理を担当後、先進サービス企画室で顧客向けBtoCのWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーとして活躍し、また、先進的な開発プロセスの構築などを担当。
 2013年2月、トレジャーデータ株式会社入社、マーケティング担当として、日本国内での事業展開を進める。

 

【日時】
2016年1月25日(月)19:00-20:30(受付開始18:30~)
 

【場所】
公益社団法人日本マーケティング協会 東京本部
住所:東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F >MAP

 

【参加費】
無料
 

【定員】
先着50名

 

【応募締切】
2016年1月18日(月)

 

【お願い】
*お申込み後、キャンセルはできませんのでご了承ください。

 

参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member