ニュースリリース

嶋口・内田研究会に無料ご招待「イノベーションと失敗:いかに失敗をマネージしながらイノベーションを起こすのか」

嶋口・内田研究会に無料ご招待
「イノベーションと失敗:いかに失敗をマネージしながらイノベーションを起こすのか」
早稲田大学大学院 経営管理研究科(早稲田ビジネススクール)教授 菅野 寛 氏
2016年9月29日(木)19:00より
於:社団法人日本マーケティング協会
共催:日本マーケティング学会

 

 現在、マーケティング学会と、嶋口・内田研究会は、学会プログラムとの統合を検討しています。嶋口・内田研究会とは、学会評議員の嶋口充輝氏(慶應義塾大学名誉教授)を中心とし、学会副会長の内田和成氏(早稲田大学商学学術院教授)を代表幹事とし、1984年以来200数十回以上続く、社会人が集う勉強会です。統合に向け、学会員の皆さまを無料で招待いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

【テーマ】
「イノベーションと失敗:いかに失敗をマネージしながらイノベーションを起こすのか」
 

【ゲスト】
早稲田大学大学院 経営管理研究科(早稲田ビジネススクール)教授 菅野 寛 氏
 

 私は長年コンサルティングに従事した後、 現在はビジネススクールで経営学を教えています。その経験から、つくづく「 ビジネスというものは本質的に失敗するものだ」と思うようになりました。すなわち、 他社と同じことをやっていては儲からなくなって失敗する。かといって他社がやっていない新しい試み、すなわちイノベーションを起こそうとすると、新しい試みの多くは失敗する。イノベーションに失敗はつきものです。
 ではどうすれば失敗をマネージしながらイノベーションを成功させるのか。魔法の杖のような答えがある訳はありませんが、 当日はみなさんと一緒に出口を探っていきたいと思います。

 
<講師略歴>

東京工業大学工学部卒。同大学院修士課程修了。株式会社日建設計に勤務の後、米国カーネギーメロン大学で経営工学修士取得。その後、ボストン・コンサルティング・グループで、十数年間、 日本およびグローバル企業に対してさまざまなコンサルティング・ サービスを提供するかたわら、2006年より早稲田大学客員として「 実践全社戦略」「実践競争戦略」を教える。ボストン・コンサルティング・グループに おいてパートナー&マネージング・ディレクター職、 Technologies, Media and Telecommunication Practice(テクノロジー、メディアおよびテレコミュニケーション専門部会)のアジア/ パシフィック地区リーダーを務めた後、2008年より一橋大学大学院国際企業戦略研究科(一橋ICS) 教授に就任。2016年9月より現職。

主要著書:
『経営の失敗学』(2014、日本経済新聞出版社)
『経営者はこう育てる』(2011、日経ビジネス人文庫)
 
【日時】
2016年9月29日(木)19:00-20:30(受付開始18:30~)
 

【場所】
公益社団法人日本マーケティング協会 東京本部
住所:東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F >MAP
 

【参加費】
無料
 

【定員】
先着50名

 

【応募締切】
2016年9月22日(木)

 

【お願い】
*お申込み後、キャンセルはできませんのでご了承ください。

 

参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member