リサーチプロジェクト
研究報告会レポート

第5回女性マーケティング研究報告会レポート キャリア女性のための仕事服ブランド「kay me(ケイミー)」~女性活躍が生み出す成長マーケット~

第5回 女性マーケティング研究報告会 > 研究会の詳細はこちら
テーマ:キャリア女性のための仕事服ブランド「kay me(ケイミー)」~女性活躍が生み出す成長マーケット~
ゲストスピーカー:kay me株式会社 代表取締役社長 毛見 純子 氏
日 程:2016年9月13日(火)18:30-20:00
場 所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング 会議室(神谷町オランダヒルズ森タワー)

 

【報告会レポート】
毛見純子氏 「女性マーケティング研究会」は、消費側としても、担い手としても益々期待が高まる「女性」を切り口としたマーケティングの未来を探求する研究会」であり、第5回研究報告会は、キャリア女性のための仕事服ブランド「kay me(ケイミー)」を率いるkay me株式会社 代表兼デザイナー毛見純子氏をお招きしました。kay me(ケイミー)の洋服は「華やかで、きちんと見えるけど、着心地はラク」なのに、自宅で手洗い可能でアイロン不要という、まさに多忙なキャリアウーマンにピッタリのブランドであり、弁護士やアナウンサー、営業ウーマンなどに支持されています。
 毛見氏の前職はマーケティング・セールス分野のコンサルタントでしたが、いずれは自分のビジネスを持ちたいと考え、2011年の「キャリア女性のための仕事服ブランド」の立上げに至りました。彼女自身はアパレルビジネスの経験もなく、服飾学校でのデザイナーの勉強もしていませんが、周囲の友人知人ネットワークやSNS(ミクシーやフェイスブックなど)を駆使して、ライトパーソンを見つけ出す行動力には驚くばかりでした。わずか3名で立ち上げたビジネスの為、マンションの一室で試着会をやったり、クレジット情報無しで試着商品をオフィスに送ったり(試着便)、顧客ニーズに応じた商品を選んで郵送したり(コンシェルジェ便)と、一等立地での出店が難しい分、いろんな取り組みをしています。
 またkay me(ケイミー)のターゲット市場であるキャリア女性服はニッチ市場であり、ビジネス規模として限界がある為、毛見氏は創業2年目から海外展開を視野に、ロンドンで市場調査を開始しました。ターゲット顧客へのインタビュー調査やポップアップストアでの仮設検証を通じて、日本とロンドンを行ったり来たりしながら、ロンドンでの本格立上げに尽力されています(今回も帰国のわずかな期間に登壇して頂きました)。ロンドンでも当日依頼でビジネスプレゼンをしたり、現地のラジオやテレビに生出演したりと、日本同様に驚くべき行動力でkay me(ケイミー)をプロモーションしています。
 その後、活発な質疑応答が行われ、研究報告会終了後はご持参いただいたkay me商品を出席者に直接見ていただきました。
 
【報告会を終えて】
 女性服は日本では成熟市場ですが、「キャリア女性服」というニッチ市場を狙うことで、後発でもポジションを確立できたことがkay meの成功要因です。しかしニッチ市場は市場が小さい為、ビジネス規模に限界がありますが、日本市場だけでなくグローバル市場で見た場合、ニッチ市場ではなくなります。そこに毛見氏のビジネスセンスを感じました。今回最も驚いたのは毛見氏の行動力です。「困ったら声を大にする。フェイスブックですぐ連絡したり、隣の人に知っているかと尋ねることで道が開ける。」との発言が印象的でした。私は以前より毛見氏のブログを愛読しており、最近のロンドン滞在記ならぬロンドン突撃記を見ていると刺激を受けます。kay meが日本初のアパレルブランドとして、世界中の働く女性のマストブランドになることを祈って。
 
(文責:高橋 千枝子)

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member