リサーチプロジェクト
研究報告会レポート

第2回地域活性化マーケティング
研究報告会レポート
「米国ポートランド市の
地域活性化の取組み」

第2回地域活性化マーケティング研究報告会

テーマ:「米国ポートランド市の地域活性化の取組み」
講演者:ポートランド市開発局都市開発部産業開発マネジャー 山崎満広 氏
日程:2013年10月23日(水)18:30~20:30
場所:青山学院大学 青山キャンパス17号館8階
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(青山ビジネススクール:ABS)17810教室
共催:ABS宮副研究室
 
 

【報告会レポート】
最初に、青山学院大学宮副教授と文化ファッション大学院大学内海講師から、米国オレゴン州ポートランド市の概要、地域活性化の取組経緯、地域資源、創造された地域価値などについて現地調査を踏まえた研究報告があった。

 

続いてポートランド市開発局の山崎氏の講演では、ポートランド市の都市として活性化の戦略、その都市開発手法、取組みの実態などが具体的な取組み事例を交えて紹介された。特に中長期視点での戦略ビジョン及び事業スキームをもとにした産業政策や都市活性化施策が策定され、着々と実行推進されている事例が述べられた。その後、質疑応答・ディスカッションが行われ、会員との情報交換も深まった。

 

ゲストの山崎満広氏 会場風景
写真左から、ゲストの山崎満広氏、会場風景

 

【報告会を終えて】
まず山崎氏の講演冒頭で紹介されたポートランド市のプロモーションビデオとも言うべき動画は、都市の豊富な地域資源や魅力的な地域価値がみごとに表現されており、日本の都市ではほとんど見られない素晴らしいものであった。
さらにプレゼンの本題部分で示された戦略策定-施策制度化-実現のダイナミックな進め方は日本の地域活性化の取組みに大変参考になった。日本の行政でできないところはいかに次善の取組みをしていくかなど示唆が数多くあった。
結論として「地域活性化とは、都市のマーケティングであり、都市のマネジメントである」ということを強く認識した。本研究会に遠路来日いただいた山崎氏に改めて心から感謝申し上げる。

 
出席者全員の集合写真
出席者全員の集合写真

 

(プロジェクトリーダー:宮副謙司)

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member