ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.7 
生体情報を活用したマーケティングコミュニケーションにおけるクリエイティブ評価手法について
脳波による“共感度”を用いた動画評価を中心として
村上 智章
株式会社マクロミル マクロミル総合研究所
綿貫 真也
株式会社マクロミル R&D本部
発行 : 2018年10月08日
報告要旨 :
近年,マーケティングのデジタル化が進み,オンラインにおける動画プロモーションの重要性が増す中,その心理的な効果を明確化することが難しいクリエイティブの分野においても,より科学的に費用対効果を明らかにするために,ニューロなどの生体情報を活用する研究が進んでおります。そのような環境下,マクロミル社はニューロマーケティングのパイオニアであるセンタン社と提携し,脳波を含む生体情報を活用したマーケティング・リサーチ事業への本格的な取り組みをおこなって参りました。
今回は取得する生体情報に関する基本的な分析アプローチだけでなく,脳波による動画分析,脳波データと購買データの関連性をはじめ,現在,開発中である非接触による生体情報取得技術についてもご報告いたします。特に,脳波による動画評価分析は,センタン社の独自指標である「共感度指標」による分析結果を中心にご報告させていただきます。「共感度指標」とは,同じ刺激に対する複数人の脳波データの相関を分析し,脳波同期性に注目して開発された独自指標です。共感度が高まったポイントと低いポイントを抽出し,CMや動画,商品コンセプトなどの改善に活用することができます。
キーワード : ニューロマーケティング 脳波 共感度指標 クリエイティブ評価


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member