フェロー会員・
殿堂入り制度

学会のフェロー会員・殿堂入り制度です。

 

日本マーケティング学会フェロー会員および殿堂入り制度

 
(目的)
1.学会に貢献した者を表彰し、長く会員に留めておくことを目的にフェロー会員および殿堂入り制度を設定する。
 
(フェロー会員の定義)
2.学会に一定の貢献をした会員を「日本マーケティング学会フェロー会員」(名誉会員)と称し、表彰する。
 
(フェロー会員の要件)
3.前年度末(3月31日)時点で、以下の3つの要件を全て満たした場合、新年度よりフェロー会員となる。
①継続会員期間が5年目以上の会員であること。
②年齢が公的年金開始年齢(65歳、以下適応年齢)以上であること。なお、公的年金開始年齢が変更の際は、適応年齢も変更となる。ただし、変更以前にフェロー会員となった会員には、適応しない。
③以下の学会貢献項目において、合計20ポイント以上獲得すること。なお、学会賞を除く役職ポイントの獲得は、細目に記された「各役職に定められた役務の要件」を満たしていることが条件となる。また、学会賞ポイントの獲得は、受賞時に会員であることが条件となる。
会  長:10ポイント/1期
副 会 長: 5ポイント/1期
常任理事: 3ポイント/1期
理  事: 2ポイント/1期
監  事: 2ポイント/1期
委  員: 1ポイント/1期
学会賞A: マーケティング本 大賞「大賞」、ジャーナルベストペーパー賞
      4ポイント/1回
学会賞B: マーケティング本 大賞「準大賞」、ジャーナル奨励賞、ベストオーラルペーパー賞、
      ベストドクトラルペーパー賞
      3ポイント/1回
学会賞C: ベストポスター賞、ワーキングペーパートップダウンロード賞
      2ポイント/1回
 
(フェロー会員の権利)
4.フェロー会員となった場合は、カンファレンス(懇親会を含む)およびサロンの参加費を無料、それ以降の更新時の会費を5円とする。
 
(フェロー会員の権利および資格の失効)
5. 会員継続が途切れた場合、獲得したポイントは無効となる。また、すでにフェロー会員になっている場合は、その資格を失う。なお、ここで言う会員継続が途切れた場合には、会員規定第7条の「クレジットカード情報の不備による会費未納に基づく会員資格の喪失」も含まれる。
 
(殿堂入りの定義)
6.フェロー会員が一定の要件を満たすとき、「マーケティング殿堂入り」(マーケティング功労者)と称し、表彰する。
 
(殿堂入りの要件と権利)
7.フェロー会員が、前年度末(3月31日)時点で、76歳以上の年齢である場合に、新年度より、フェロー会員からマーケティング殿堂入りとなる。それ以降の会費5円も継続し、またカンファレンス(懇親会を含む)およびサロンの参加費も無料とする。なお、会員継続が途切れた場合も、殿堂入りの資格は継続し、会費を更新すれば、学会活動にも参加できる。
 
(適用)
8.なお、本制度は2012年の設立時まで遡って適用する。
 

2018年10月13日 理事会 制定
2019年6月19日 理事会 改定

 
 
※ 第3条③細則 各役職に定められた役務の要件
 学会活動参加および会議出席は、システム上のデータをもとに判断する。そのため、自らが企画・運営する学会活動(カンファレンスやリサーチプロジェクト、サロン等)の場合も、システムでの申し込みがない場合は、参加・出席のカウントをしないので注意すること。
 
1.全役職(ただし、監事を除く)
・1任期期間中に1回以上のカンファレンス参加
・1任期期間中にカンファレンス以外の学会活動(研究報告会あるいはサロン)に年1回(期間中2回)以上の参加
 
2.各役職
(a)副会長・常任理事
 ・1任期期間中に常任理事会および理事会への半数以上の出席
 ・1任期期間中に担当委員会への半数以上の出席
(b)理事
 ・1任期期間中に1回以上の理事会への出席
 ・1任期期間中に1回以上のオーラルセッションの審査
(c)監事
 ・1任期期間中に2回の監査業務の実施
(c)委員
 ・委員は、1任期期間中に出席が必要な委員会への半数以上の参加
 ・編集委員は、1任期期間中に半数以上のデスク審査を実施
 ・サロン委員は、1任期期間中に1回以上のサロン企画運営を担当
 

2019年6月19日 理事会 制定

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member