リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第3回<エフェクチュエーション研究報告会(関西)> 

【研究報告会】
第3回<エフェクチュエーション研究報告会(関西)>
 > 研究会の詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。

 

テーマ:「ロボット・ベンチャーとエフェクチュエーション」

  1. イントロダクション「レスキューロボットと産学連携活動」(冒頭紹介:18時30分)
     松野 文俊 教授(京都大学 工学研究科)
  2. 講演「解体工事現場におけるロボット技術の応用」(18時45分)
     多田 まこと 氏(べステラ株式会社・3D事業部長)
  3. 対談「ロボット・ベンチャーとエフェクチュエーション」(19時30分)
     多田 まこと 氏+松野 文俊 教授(京都大学)+高瀬 進 研究員(京都大学 工学研究科)

司会進行:栗木 契 教授(神戸大学 経営学研究科)
 

 エフェクチュエーション研究報告会(関西)の第三回は、日本のロボット研究の第一人者である松野文俊氏(京都大学)をお迎えして、共同研究先であるベステラ(株)の事例をご紹介いただきます。本事例は、エフェクチュエーションの研究成果の応用先としてロボット分野はきわめて有望であり、研究者が意図的に仕掛けた産学連携のリエゾン活動の成果として、現在進行しているプロジェクトの報告になります。多様な方々にご参加頂くことによって、熟達研究としてのエフェクチュエーションの理論的可能性のみならず、異分野の熟達者との新結合を創発させるエフェクチュエーションの実践的な側面について、理解を深めていただくことをねらいとしています。

 

日時:2017年2月1日(水)18:30-21:00(受付開始18:00)

場所:神戸大学 大阪梅田インテリジェントラボラトリ (梅田ゲートタワー8階) >MAP
大阪府大阪市北区鶴野町1-33 8F
(*阪急「梅田」駅 徒歩3分、JR「大阪」駅 徒歩7分、地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩6分、地下鉄谷町線「東梅田」駅 徒歩8分)
 

参加費:600円(懇親会費を含む)
定員:先着40名
応募締切:2017年1月27日(金)

 

【お願い】
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
*当日は、サイト掲載のため会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクトの企画運営メンバーにお伝えください。
* パネルディカッション終了後、会場にて引き続きゲストを囲んでの懇親会を予定しています(時間は20時30分開始を予定 / 参加費は600円)。
 

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member