リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

第3回インダストリー・イノベーション時代のブランディング研究会(春のリサプロ祭り)

第3回インダストリー・イノベーション時代のブランディング研究報告会
(春のリサプロ祭り)

> 研究会の詳細はこちら > 春のリサプロ祭りの詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
テーマ:インダストリーイノベーション時代のブランディング研究
 
 本研究会は、IoT・AIなどにより全ての人・モノ・コトがつながる環境が到来する中で、変化する価値をどう捉え、どのように活用していくのか、という問題意識を出発点としています。第4次産業革命として指摘されているのは、テクノロジーの進化と普及によりリアルとサイバー空間が、そしてヒト・モノ・都市・企業などすべてがつながり、産業全体がサービス化していく様相です。そこでは、自社と顧客(企業)のリソースを統合し、相手の事業やオペレーションに踏み込んだ形でのサービス共創が求められ、産業の垣根は次第に曖昧になっていきます。また、「所有」よりも「利用」へと焦点が移り、ユーザー経験(エクスペリエンス)をどう価値化していくかという視点からの事業価値の再編が行われていく状況が顕著になってきています。
 本研究会では、こうした現状を事例ベースで辿り、変化の様相を認識するとともに、より新たなレベルで問われてくる企業と顧客の関係を、ブランディングという視点から新しく捉え直そうとしています。ブランディングは、顧客との関係性を築きながら、事業価値をリードしてきた概念であり、さらにプラットフォームという視点からもいくつか新しい可能性への展開を見出してきているからです。
 
 リサプロ祭りとしての今回は、今での活動を振り返りながら皆さんとテーマを共有確認し、ブランディングへの視点から意見交換できることを目的として、以下のような進行で、展開します。
 

  1. 振り返りと報告①「インダストリーイノベーションとして捉えるデジタル・トランスフォーメーションの様相」
    森 一彦(関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科 教授)
  2. 報告②「ブランディングへの示唆を含む企業の取り組み」
    徳永 朗(博報堂研究開発局 主席研究員)
  3. 議論=2つのテーマを受けて、フロア参加の皆さまとのワークショップスタイルでの議論(小グループに分かれての議論+全体討議)

 
日 時:2017年3月18日(土) 14:45-16:15
    *リサプロ祭り全体では、10:30-18:00になります。
    詳細は、全体プログラムを確認のこと。
 
場 所:中央大学ビジネススクール(中央大学後楽園キャンパス 3号館 11階)31100教室 >MAP
    東京都文京区春日1-13-27
    東京メトロ後楽園駅 徒歩5分、都営地下鉄春日駅 徒歩5分
 

参加費:1,000円(どこかの研究会に参加申請すれば、全ての研究会に参加できますが、
    参加費は申し込まれた研究会の資金となります)
定 員: 先着230名(リサプロ祭り全体の定員)
応募締切:2017年3月15日(水)
 
【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 
参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member