リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第7回<女性マーケティング研究会> 

【研究報告会】
第7回<女性マーケティング研究報告会>
 > 研究会の詳細はこちら
 

テーマ:「女子」ということばから見るマーケティングと世論形成
講師:一橋大学大学院 商学研究科 教授 松井 剛 氏
 
 今や「女子」あるいは「女子力」という言葉を聞かない日はないほど、「女子」は、マーケットを語る切り口として浸透しています。しかし時間の経過と共に、その意味合いも変化しつつあります。「女子力」ということばについていえば、元来のポジティブな文脈から性役割を押しつけるネガティブな意味も持つようになってきているようです。本研究会では、この「女子力」がもつ意味の変化や多様化について、雑誌記事タイトルのテキストマイニングやMROCなどのデータを踏まえて、マーケティングと世論形成という観点から考えてみたいと思います。
 
【プロフィール】
松井剛氏 2000年、一橋大学商学研究科博士後期課程修了、博士(商学)。同年、一橋大学商学研究科専任講師、2004年同助教授、2007年同准教授、2007年から2009年までプリンストン大学社会学部客員フェロー(2007年から2008年まで安倍フェロー)、2013年より現職。主著は 『ことばとマーケティング:「癒し」ブームの消費社会史』(碩学舎、2013年)。

 
日 時:2017年6月9日(金)18:30-20:00(受付開始18:10)
場 所:東洋学園大学本郷キャンパス 1号館 1304教室 >MAP
    〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
    JR・三田線 水道橋駅 徒歩8分、丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩3分
 

参加費:<学会員>500円
    <学会員以外の方>1,000円
定 員: 先着40名
応募締切:2017年6月5日(月)
 
【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 
お申し込みは終了しました

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member