リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第4回<ユーザー・コミュニティとオープン・メディア研究会>

第4回ユーザー・コミュニティとオープン・メディア研究報告会(札幌リサプロ祭り)

> 研究会の詳細はこちら

 
テーマ:「初音ミク」10年の軌跡

 

テーマ解題:ユーザー創発のパワーとコミュニティ・ジェネレーション
片野 浩一(明星大学 経営学部 教授)

 本研究会は、ユーザーが自発的に参加するオープン・メディアとそのコミュニティから創発される製品コンテンツの普及と拡大について研究している。研究会の発足からユーザーが生成するコンテンツ(user-generated content:UGC)に注目し、ニコニコ動画やYouTubeなどのオープン・メディアにおけるユーザー創発のパワーを実証的に研究してきた。そのなかで、「初音ミク」現象は、代表的かつ先端的な事例である。「初音ミク」とは複数の価値から形成される複合体である。①VOCALOIDソフトウェア、②キャラクター、③バーチャルシンガー、そして、④コミュニティ、であり、バーチャルシンガーやコミュニティとしての「初音ミク」は、売り手である企業よりも、使い手であるユーザーにより、その価値が支えられている。「初音ミク」コンテンツは、ユーザーの趣味や娯楽にとどまらず、さまざまなビジネスやエンターテイメント産業、そして文化に大きな影響を与えることとなった。研究会では、このユーザー創発のコミュニティからインスパイアされて生まれる様々な二次創作物の連鎖とクリエイティブ・ユーザーの行動に関する研究成果について、『コミュニティ・ジェネレーション』(千倉書房刊)として上梓した。本書第1章(「初音ミク」概論)の草稿は、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社から監修していただいている。

 

講演:「初音ミク」10年の軌跡
伊藤 博之(クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役社長)

 2017年8月31日。「初音ミク」ソフトウェアが発売されて10年。この年は10周年を祝う様々なライブやイベント、企画展などが開催された。歌声合成ソフトウェアとして発売された製品にキャラクターが付与され、その後にファンのユーザーからの熱い支持でバーチャルシンガーの道を歩み始め、現在はコミュニティそのものとして世界に存在し続ける。このコミュニティから生まれたコンテンツは、商業ビジネスや楽曲の販売に止まらず、小説やアニメ、映画などエンターテインメントや、歌舞伎やクラシックコンサートを初めとする芸能文化など幅広い分野に拡大して影響を与え、社会現象を巻き起こした。この一大ムーブメントの中心にいるのがソフトウェアの開発と販売を手がけるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社であり、同社代表取締役の伊藤博之氏である。この研究報告会では、「初音ミク」10年の軌跡をふりかえるとともに、進化を続ける「初音ミク」の未来への展望を語っていただく。
 

<伊藤博之氏プロフィール>
伊藤博之氏クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
代表取締役 伊藤博之
http://www.crypton.co.jp/
北海道大学に勤務の後、1995年7月札幌市内にてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社を設立。世界各国に100数社の提携先を持ち、3000万件以上のサウンドコンテンツは世界でも最大級。DTMソフトウェア、音楽配信アグリゲーター、3DCG技術など、音を発想源としたサービス構築・技術開発を日々進めている。「初音ミク」の開発会社としても知られる。北海学園大学経済卒。No Maps実行委員長、北海道情報大学客員教授も兼任。2013年に藍綬褒章を受章。

 

日 時:2018年5月12日(土) 16:00-17:30
    *リサプロ祭り全体では、14:00-19:30になります。
    詳細は、全体プログラムを確認のこと。

場 所:小樽商科大学札幌サテライト >MAP
    札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル3階
 

参加費:<学会員>1,000円
    <学会員以外の方>2,000円
(どこかの研究会に参加申請すれば、全ての研究会に参加できますが、参加費は申し込まれた研究会の資金となります)
定 員: 先着60名(札幌リサプロ祭り全体の定員)
応募締切:2018年5月10日(木)

 
【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 
参加申し込みはこちら
*学会員以外の方はこちらよりお申込み下さい。

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member