リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第2回< カスタマー・エンゲージメント研究会>

【研究報告会】
第2回<カスタマー・エンゲージメント研究報告会> > 研究会の詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 

テーマ:「カスタマー・エンゲージメント概念の適用範囲の拡張」
解題:「カスタマー・エンゲージメントの理論的進展と実務への適応可能性の拡張」
報告者:井上 崇通(明治大学 商学部 教授)
講演1:「カスタマー・エンゲージメント概念のB2B文脈への拡張可能性」
報告者:田口 尚史(茨城キリスト教大学 経営学部 准教授)
講演2:「Customer Engagement: B2C vs. B2B Foundations」
報告者: Linda D. Hollebeek(モンペリエ・ビジネススクール准教授)(逐次通訳有り)
 


井上 崇通 氏

田口 尚史 氏

Linda D. Hollebeek 氏

 
【概要】
 カスタマー・エンゲージメント概念は、当初、B2C取引の文脈の中で議論されてきました。その背景には、近年のSNS(Social Networking Service)の台頭によって、インターネット上での企業やブランドに関する口コミやコメントが見知らぬ人たちの間にも広く拡散し、それが企業業績に影響を及ぼすようになったことにあります。一般に、B2B取引は人的販売が中心で、かつ生産財は最終消費者が直接目に触れる機会が少ないことから、マス広告を活用したプロモーションを行なう必要性が低く、そのためSNSを通じたC2Cインタラクションへの注目もあまりありません。
 そこで今回は、「カスタマー・エンゲージメントの適用範囲の拡張」と題して、カスタマー・エンゲージメント概念のB2B文脈への拡張について議論したと思います。カスタマー・ブランド・エンゲージメントで多数の研究業績があり、かつ数多くのジャーナルでエディターを務めているモンペリエ・ビジネススクールのLinda D. Hollebeek准教授をお招きし、カスタマー・エンゲージメント研究のB2B文脈への拡張について講演頂きます。

 
日 時:2018年12月7日(金)18:00-20:00(受付開始17:45)

 
場 所:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン8階308E
    東京都千代田区神田駿河台1-1 >MAP
    JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
    東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
    都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分

 

参加費:無料
定 員:30名
 
応募締切:2018 年12月5日(水)
 

【お願い】
* 報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
* 当日は、サイト掲載のため会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクトの企画運営メンバーにお伝えください。
* 終了後、近隣で引き続き報告者を囲んでの懇親会を予定しています(参加費4,000円程度)。参加ご希望の場合、申し込み時に備考欄に記入ください。
 
参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member