リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

第1回顧客起点のサービスマーケティング研究報告会(春のリサプロ祭り)

第1回顧客起点のサービスマーケティング研究報告会(春のリサプロ祭り)

> 研究会の詳細はこちら > 春のリサプロ祭りの詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
テーマ:ハイテク&ハイタッチによるサービス・カスタマイゼーション

 

  1. パーソナライゼーションとカスタマイゼーションを通した顧客経験の創造:サービス経験におけるハイテクとハイタッチの役割をどう読み解くか
    小野 譲司(青山学院大学経営学部 教授)
  2. ハイテク&ハイタッチによるサービス・カスタマイゼーション:JCSIデータを用いた実証研究」
    
酒井 麻衣子(中央大学 商学部 准教授)
    神田 晴彦(野村総合研究所 ビッグデータイノベーション推進部 上級研究員)

 



小野 譲司



酒井 麻衣子

神田 晴彦

 
 顧客の個人的要求に応えるカスタマイゼーションは、優れた顧客経験を作り出す鍵となる。サービス・マーケティング研究では、サービス担当者が顧客と相互作用しながら行う「ハイタッチ」と、機械、ロボット、人工知能、あるいはオンラインやモバイルなどのテクロジーを介した「ハイテク」のパーソナライゼーションに分けて取り扱われることが多い。しかし、昨今、両者を二律背反ではなく、どのように組み合わせて顧客経験を創造するか、という問題意識に立った新たな研究フロンティアが拓かれている。
 本研究会では、ハイタッチとハイテクが、顧客の個人的要求をみたすうえで役割を、顧客経験と顧客によるサービスの知覚・評価に焦点を当てて理論的・実証的に探求している。
 本セッションでは、①カスタマイゼーションについての理論研究を概観し、②複数のサービス分野を対象とした、JCSI(日本版顧客満足度指数)データを用いた実証研究の結果を報告する。

 

日 時:2019年3月16日(土) 14:45-16:15
    *リサプロ祭り全体では、9:00-18:00になります。
    詳細は、全体プログラムを確認のこと。
 
場 所:青山学院大学 青山キャンパス 17号館3階 17310教室 >MAP
    東京都渋谷区渋谷4丁目4-25
    JR山手線、JR埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩10分、
    東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」より徒歩5分
 

参加費:1,000円(どこかの研究会に参加申請すれば、全ての研究会に参加できますが、
    参加費は申し込まれた研究会の資金となります)
定 員: 先着350名(リサプロ祭り全体の定員)
応募締切:2019年3月14日(木)
 
【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 
参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member