リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第17回<地域活性化マーケティング研究会> 

【研究報告会】
第17回<地域活性化マーケティング研究報告会>
 > 研究会の詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。

 

テーマ:「地域経済分析システム(RESAS)を活用した糸島市の地域活性化の取り組み」
報告者:岡 祐輔 氏(福岡県 糸島市 秘書広報課)

 

 福岡県糸島市役所の岡さんは、次々と地元特産品の地域ブランド化、新たな販路の開発でその売上アップを実現し、数々の地域活性化関連の賞を受賞し、「スーパー公務員」と呼ばれています。
 そのマーケティングの背景・根拠として内閣府「地域経済分析システム(RESAS)」を徹底的に活用した分析があり、それを踏まえた地域活性化であることが特徴です。行政が地域特産品に関して地域の学生と取り組む、よくある商品開発とは違う(ご本人談)とのことです。
 今回はこのような地域活性化の取り組みの実例と、その背景となる基本戦略、データ分析の具体例からその活用の実践例について、お話しいただきます。

 
岡祐輔氏<岡 祐輔氏プロフィール>
 九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻修了(MBA取得)。市、高校生、民間事業者、地元漁業組合、食品産業協議会などと連携し、商品開発から販売までを戦略的に牽引。糸島産のふともずく、天然真鯛だしなど民間経営手法を生かした政策によって、次々に売上を伸ばし「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016最優秀賞」「HOLG2018地方公務員アワード賞」などを受賞している。
 
日時:2019年5月22日(水)19:00-20:30(予定)
場所:青山学院大学 青山キャンパス 17号館8階 大学院国際マネジメント研究科「青山ビジネススクール(ABS)」17803教室
   東京都渋谷区渋谷4-4-25 >MAP
   JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面の出口より徒歩約10分、
   地下鉄「表参道駅」B1出口より徒歩約5分
 

参加費:1,000円
定員:30名
応募締切:2019年5月20日(月)

 

【お願い】
*当日は、サイト掲載のため会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクトの企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 

参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member