リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

第2回サービス・マーケティング研究報告会(春のリサプロ祭り)

第2回サービス・マーケティング研究報告会(春のリサプロ祭り)

> 研究会の詳細はこちら > 春のリサプロ祭りの詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
*このイベントは中止となりました。
> 春のリサプロ祭り中止および、3月末までの学会主催イベントの中止・延期のお知らせ
 
テーマ:デジタル時代のサービスマーケティング

 

  1. デジタル時代のサービスマーケティング研究の課題
    小野 譲司(青山学院大学 経営学部 教授)
  2. カスタマー・アドボカシー志向の研究」
    山岡 隆志(名古屋商科大学 商学部 教授)
  3. ヒューマンタッチとテクノロジーベースのサービス・カスタマイゼーション
    小野 譲司(青山学院大学 経営学部 教授)
    酒井 麻衣子(中央大学 商学部 准教授)
    神田 晴彦(野村総合研究所 AIソリューション事業部 上級研究員)

 
 サービス分野のオペレーションやマーケティングに様々なテクノロジーが導入されるのに呼応して、サービスマーケティング研究でも新しい挑戦課題が台頭している。それはeサービス品質評価、オンライン/モバイルの顧客接点といった「e」や「デジタル」を冠した目新しい事象を取り扱う研究にとどまらず、従来型の顧客やサービスの捉え方を前提とした概念や理論を見直そうとするものまである。
 本セッションでは、新しい研究課題を概観したうえで、2つの研究報告を行う。第1は、製品・サービスを消費し、忠誠心をもつだけではない顧客の役割である。すなわち、企業とその製品・サービスを推奨し、支援し、ときには擁護する顧客(アドボケイト)に焦点をあて、デジタル時代における企業の顧客志向性のあり方を考える。第2は、サービスの個客対応(カスタマイゼーション/パーソナライゼーション)を人が行うか、テクノロジーで代替するかという課題を、顧客のサービス品質評価の観点から考える。

 

日 時:2020年3月14日(土)13:00-14:30
    *リサプロ祭り全体では、9:00-18:00になります。
    詳細は、全体プログラムを確認のこと。
 
場 所:青山学院大学 青山キャンパス 2号館2階 223教室 >MAP
    東京都渋谷区渋谷4丁目4-25
    「渋谷駅」より徒歩10分、東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」より徒歩5分
 

参加費:1,000円(どこかの研究会に参加申請すれば、全ての研究会に参加できますが、
    参加費は申し込まれた研究会の資金となります)
定 員: 先着350名(リサプロ祭り全体の定員)
応募締切:2020年3月12日(木)
 
【お願い】
*当日は、サイト掲載の為会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクト企画運営メンバーにお伝えください。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
 

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member