リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第5回<カスタマー・エンゲージメント研究会>

#いまマーケティングができること

【研究報告会】
第5回<カスタマー・エンゲージメント研究報告会>(オンライン) > 研究会の詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 

テーマ:サービス・ドミナント(S-D)ロジックの核心
 
コーディネータ:田口 尚史 氏 (茨城キリスト教大学経営学部 教授)
講演1:「S-Dロジックの中核としてのナラティブ分析」
報告者:前田 進 氏 (千葉商科大学大学院 客員教授)
講演2:「S-Dロジックにおける価値共創とプラクティス概念」
報告者:金澤 敦史 氏 (愛知学院大学経営学部 准教授)
講演3:「S-Dロジックの新たな展開-制度視点の意味-」
報告者:齋藤 典晃 氏 (高千穂大学商学部 准教授)
講演4:「SDL視点によるイノベーションの核心」
報告者:庄司 真人 氏 (高千穂大学商学部 教授)
講演5:「カスタマー・エンゲージメントからアクター・エンゲージメントへ」
報告者:神田 正樹 氏 (京都先端科学大学経済経営学部 専任講師)
総括コメント:井上 崇通 氏 (明治大学商学部 教授)
 

 カスタマー・エンゲージメントの研究は、サービス・ドミナント(S-D)ロジックと顧客管理という2つの視点から進められてきました。前者はS-Dロジックの中範囲理論として、後者はCRM(顧客関係性管理)の一領域として位置づけられています。本研究会では、前者のS-Dロジックの研究潮流に沿って研究を進めていますが、その研究成果として、この度、同文舘出版より『サービス・ドミナント・ロジックの核心』(仮題)を上梓することとなりました。本書は、既刊『サービス・ドミナント・ロジック-マーケティング研究への新たな視座-』(同文舘出版)の続編として、2010年以降のS-Dロジック研究の進歩を俯瞰し、今後の研究の方向性を展望しています。
 そこで今回は、本書の主要著者をお招きし、その内容について紹介いただくとともに、今後のS-Dロジックとカスタマー・エンゲージメントの研究動向について議論したいと思います。

 



田口 尚史 氏


前田 進 氏


金澤 敦史 氏


齋藤 典晃 氏

庄司 真人 氏


神田 正樹 氏


井上 崇通 氏

 
【日時】
2021年3月19日(金)17:30-20:00
 

【参加方法】
Zoom
 

【注意事項】
*本報告会は、ビデオ会議システムZoomを利用します。Wi-Fiにつながった、カメラ付きのパソコンやタブレット、スマホから、ご参加ください。
*視聴にあたっては、「イベント申し込み完了メール」のリンクからご参加ください。なお、参加にあたり、Zoomのアカウントは不要です。
*学会員向けの報告会のため、映像や音声の録音は禁止です。接続先のリンクを第三者に教えないでください。
*研究会側で、「ビデオの開始(映像オン)」、「音声ミュート」を初期設定しています 。なお、ご自身の背景などカメラに映るものに著作権上の問題がないようにご注意ください。
*質問は、適時チャットにコメントください。質疑応答の時間に取り上げます。なお、全て対応できない場合はご容赦ください。
*当日は、サイト掲載のためZoomの様子を画像キャプションする予定です。問題のある方は、「ビデオの停止(映像オフ)」にしてください。なお、前述した著作権上の問題はご注意ください。
*オンライン開催にあたり、運営側が不慣れなためのトラブルや、参加者のインターネット接続、映像・音声等のトラブルには対応できないことを、あらかじめご了解ください。
 

【参加費】
無料
 

【定員】
先着30名
 

【応募締切】
2021年3月17日(水)
 
お申し込みは終了しました

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member