リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第22回<地域活性化マーケティング研究会> 

#いまマーケティングができること

【研究報告会】
第22回<地域活性化マーケティング研究報告会>(オンライン)
 > 研究会の詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
テーマ:ふるさと納税の返礼品を軸にした地域プロモーションとファンマーケティング
報告者:株式会社JTBパブリッシング 地域交流プロデュース部マネージャー 兼
    洲本市魅力創生課上級特命専門官・東京事務所所長 青木 洋高 氏
    洲本市 企画情報部魅力創生課長 塩寺 肇 氏

 
【概要】
 淡路島の中央に位置する兵庫県洲本市のふるさと納税を活用した地域プロモーション、ファンマーケティング戦略について報告する。市では、ふるさと納税を基幹事業に位置付けている。2020年度では寄附額で全国8位、5年連続で兵庫県1位(金額、件数とも)と急成長している。返礼品(特産品)が類似する淡路島の他の2市と比べても圧倒的な寄附が集まっている。
 市にとっては、財政面での貢献が大きいことはもちろんのこと、ふるさと納税を軸にして、寄附者に返礼品(特産品)を通して、市の認知度を高めて、地域のファンにつなげることに力を入れている。
 都内でのアンテナショップの運営、飲食店や社員食堂などでのプロモーション、イベント出展のほか、寄附者をリピート化するための戦略がおこなわれている。
 2020年には株式会社JTBパブリッシングと包括連携協定を締結して、同社が運営する「るるぶキッチン」をはじめ、とくに首都圏マーケットにおけるプロモーションを強化した。2021年2月からは常設の市の東京事務所を、同社のオフィス内に設け業務を委託して運営している。また、返礼品開発の分野でも連携を深め、市の特産品を活かした「おせち料理」の返礼品開発などでは市内の多くの事業者を巻き込んだ取り組みが加速している。昨年度は洲本市の認知度が3割程度と低い首都圏(1都3県)から4割を超える寄附を集めることに成功した。
 寄附者への大規模アンケート調査では、返礼品の満足度が高いことだけでなく、これら返礼品を通して寄附者は地域を理解して関心を抱き、旅行の需要を拡大させ、移住の候補地にまでつながることがわかった。返礼品事業者にとっては、新しい顧客との接点拡大につながり、需要が拡大し、雇用の拡大にもつながっていた。なかには、ふるさと納税をきっかけに、新たな商品開発に取り組むなど、事業領域の拡大に取り組む好例も見られた。
 自治体ごとの寄附額ばかりに注目が集まりやすいが、ふるさと納税を目的ではなく、きっかけにして、いかに寄附者を地域のファンに変容させてきたのか、解説する。
 
<青木洋高氏プロフィール>
青木洋高氏2002年株式会社ジェイティービーに入社、出版事業局(現在は株式会社JTBパブリッシング)にて、『JTB時刻表』、旅行情報誌『るるぶ』などの編集・広告業務を経験した後、自治体プロモーションを担当。新規事業として飲食店をメディアと位置付けた『るるぶキッチン』を立ち上げ。「食」を通して地域の魅力を最大化する「食マーケティング事業」を推進、各地の食のブランド化、特産品開発に関する事業を手がける。2020年から兵庫県洲本市魅力創生課上級特命専門官を兼務、初代東京事務所所長として活動中。
 
<塩寺肇氏プロフィール>
塩寺肇氏1994年洲本市役所入庁。主に財政課や税務課などを経て2017年に新設された魅力創生課に魅力創生室長として配属、2018年から魅力創生課長となる。2015年より財政課にてふるさと納税やシティプロモーションなど本格的に取り組む。魅力創生課では、ふるさと納税推進、シティプロモーションほか、移住定住促進などと併せて東京都内におけるアンテナショップや魅力創生課東京事務所の開設を行う。寄付額は、2016年より兵庫県下5年連続第1位を獲得、また、2020年ふるさと納税の寄附実績は、約54億円、約347,000件で全国8位。
 
【日時】
2021年12月4日(土)13:00-14:30
 

【参加方法】
Zoom
 

【注意事項】
*本報告会は、ビデオ会議システムZoomを利用します。Wi-Fiにつながった、カメラ付きのパソコンやタブレット、スマホから、ご参加ください。
*視聴にあたっては、「イベント申し込み完了メール」のリンクからご参加ください。なお、参加にあたり、Zoomのアカウントは不要です。
*学会員向けの報告会のため、映像や音声の録音は禁止です。接続先のリンクを第三者に教えないでください。
*研究会側で、「ビデオの開始(映像オン)」、「音声ミュート」を初期設定しています 。なお、ご自身の背景などカメラに映るものに著作権上の問題がないようにご注意ください。
*質問は、適時チャットにコメントください。質疑応答の時間に取り上げます。なお、全て対応できない場合はご容赦ください。
*当日は、サイト掲載のためZoomの様子を画像キャプションする予定です。問題のある方は、「ビデオの停止(映像オフ)」にしてください。なお、前述した著作権上の問題はご注意ください。
*オンライン開催にあたり、運営側が不慣れなためのトラブルや、参加者のインターネット接続、映像・音声等のトラブルには対応できないことを、あらかじめご了解ください。
 

【参加費】
1,000円
 

【定員】
先着20名
 

【応募締切】
2021年12月2日(木)
 

参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member