リサーチプロジェクト
研究報告会の案内

リサーチプロジェクト第12回<ブランド&コミュニケーション研究会>

#いまマーケティングができること

【研究報告会】
第12回<ブランド&コミュニケーション研究報告会>(リアル開催)
 > 研究会の詳細はこちら
*学会員のみ参加いただけます。入会後、お申込みください。
 
テーマ:新しい消費と新しいマーケティング
登壇者(50音順):
稲田 豊史 氏(ライター / 編集者)
片寄 航 氏(株式会社インテージ)
久保田 進彦 氏(青山学院大学 経営学部 教授)
財津 涼子 氏(CCCマーケティング総合研究所)
髙橋 広行 氏(同志社大学 商学部 教授)
三橋 紗和子 氏(株式会社インテージクオリス)
 
企画・運営:
久保田 進彦 氏(青山学院大学 経営学部 教授)
 
 いま消費のあり方が、少しづつ、変わりつつあります。サブスクリプションのような持たない消費、コスパやタイパ(タイム・パフォーマンス)のような効率重視の消費、シェアリングのような共同消費などが、消費者にゆっくりと、しかし着実に浸透しています。
 それではマーケティングにたずさわる私たちは、こうした変化をどのように理解し、どのように対応したらよいのでしょう。今回の研究会では「新しい消費と新しいマーケティング」というテーマで、こうした問題を考えていきます。
 当日は、『持たない時代のマーケティング:サブスクとシェアリング・サービス』(同文舘)を上梓された髙橋広行教授(同志社大学)とCCCマーケティング総合研究所の財津涼子氏、『映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形』(光文社新書)が大ベストセラーとなったライター・編集者の稲田豊史氏、リキッド消費という概念を日本に紹介した久保田進彦教授(青山学院大学)、そしてリキッド消費の実態を分析された片寄航氏(株式会社インテージ)と三橋紗和子氏(株式会社インテージクオリス)にご登壇いただき、会場全体でこの新しい問題について考えていく予定です。
 また登壇者の講演が終わったあと、会場全体で登壇者と参加者による懇談会を行い、参加者全体で意見交換をしたり、交流を深める機会を提供する予定です。
 
【日時】
2022年8月20日(土)13:00-17:00頃(登壇者と参加者の懇談会を含む)
 
【場所】
青山学院大学 青山キャンパス 17406教室 > MAP
住所:東京都渋谷区渋谷4-4-25
 
【参加費】
1,000円
 
【定員】
70名
 
【応募締切】
2022年8月17日(水)
*お申し込み状況により、予定より早めに締め切る場合がございます。
 
【注意事項】
*学会員向けの報告会のため、会場での写真撮影、録画、音声等は禁止といたします。
*報告会は定員制であり、追加募集などの処理が煩雑になるため、キャンセルができないことをご了解ください。
*当日は、サイト掲載のため会場の様子を撮影予定です。問題がある場合は、当日、プロジェクトの企画運営メンバーにお伝えください。
 
参加申し込みはこちら

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member