マーケティング・
リサーチプロジェクト

デジタルトランスフォーメーション研究会

【研究目的】
 デジタルテクノロジーが発展し、デジタルビジネスに軸を置く企業が時価総額上位ランキングの上位を占める一方、スイスIMDの世界デジタル競争力ランキングに見られるように、日本でのデジタル対応には様々な課題が挙げられている。
 本研究会ではマーケティング観点で、マーケティングテクノロジーや5Gなどの様々なデジタルテクノロジーによる新たな機会と企業による活用に向けて、論点の整理と理論化、そして実務面での示唆を明らかにしていくことを目指していく。
 

【研究方法および研究計画】
 現状把握と論点整理に向けて、理論面でマーケティングを中心に関連する領域の先行研究のレビューと、実務面で実際の取組を担当している実務家へのインタビューやアンケートなどを実施する。
 次にその結果に基づき、企業規模や業種別のデジタルトランスフォーメーションの機会とその実施プロセスの類型化を通して理論化と実務的示唆の導出を図る。
 更にその成果を、日本マーケティング学会の全国大会や春のリサプロ祭りなどで報告する。

 

【研究期間】
2020年4月〜2022年3月

 

【リーダー】
藤川 佳則 一橋大学院 経営管理研究科 准教授 / 一橋大学 副学長補佐 / MBAプログラムディレクター

 

【企画運営メンバー】
近藤 公彦 小樽商科大学 大学院商学研究科 教授
大川 英恵 IT系企業 マーケティングテクノロジー本部 統括部長
堀内 健后 トレジャーデータ株式会社 シニアマーケティングディレクター
今井 紀夫 一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 博士後期課程
 

【研究報告会の案内】
第1回 2021年3月13日(春のリサプロ祭り・オンライン)
> 「デジタル・トランスフォーメーションのプロセス・モデル構築に向けて」
近藤公彦(小樽商科大学 大学院商学研究科 教授)・藤川佳則(一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 准教授 兼 イェール大学経営大学院 客員准教授)・今井紀夫(一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 博士後期課程)

 

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member