マーケティング・
リサーチプロジェクト

健康アセット・マーケティング研究会

【研究目的】
 人生100年時代を迎え、70歳またはそれ以上まで働くことが当たり前の社会での個人の健康維持・増進能力、いわゆる自己保健能力は、超高齢社会を生き抜く上での必須能力となってきている。日本においては、少子高齢化、人口減少、地域間格差、医療費等の社会保障関連費の増加といった社会的課題に対し、医療関連企業のみならず、様々な企業や多職種が連携し、健康維持や未病対策、重症化予防の必要性に迫られている。
 特に企業や組織においては、ストレスフルな職場環境を踏まえ、生活習慣病の予防・改善、鬱病等の早期発見を図ることが社会的課題となっており、この予防・改善こそが、企業の経営成果に直結しているといっても過言ではない。普段の日常生活において、「健康」という普段当たり前に思えることを病気になってから対処するのではなく、「自分の健康は、自分で守る」という意識を醸成し、これを定着、実践させることが今後重要となる。このような視点から、従業員の「ヘルスリテラシー」の形成と健康管理を戦略的に行うことが持続的な企業経営につながっていくと考えられる。
 「健康経営」とは、人的資源の確保と維持を目的とし、その健康管理を経営的な視点で実践することで競争優位性を獲得しようとする、戦略的な経営視点である。近年のように、CSRの観点から企業はその従業員に対し十分な福利厚生および支援体制を確保することが一般的に求められる一方、そこに大きな予算を割り当てることができないというジレンマを企業は抱えている。
本研究会では、健康経営が企業にとってどの程度資産(アセット)となりうるのか、具体的には減少傾向にある就業人口に対し、健康経営を活かしたマネジメントがどの程度有益なのか、さらにその健康経営という企業施策が市場に対する有効なマーケティングとなりうるのかを検討する。
 

【研究方法および研究計画】
 企画メンバーを中心に、2か月に一度、クローズドにて、一般社団法人 社会的健康戦略研究所(代表理事 浅野健一郎氏)と共同で研究会を実施する。
 経済産業省が認定した健康経営推進企業(Ex.フジクラ、JALなど大手企業)に対し、インタビュー調査および企業担当者からの報告会を通じて、先進的な健康経営の実態を把握する。また本研究では人事担当者に焦点を当て、健康経営に則したマネジメント、およびインターナル・マーケティングのあり方も考察する。加えて、学生を中心として健康意識への関与・態度形成に関する定性的・定量的な調査を実施し、健康経営企業に対する評価について考察する。また、健康経営を実践している企業がヘルスリテラシーの高い学生の特性をどのように認知し、人財として評価していくのかについても考察を行う。
 本研究会では、マーケティング・マネジメント、インターナル・マーケティング、サービス・マーケティング、ソーシャル・マーケティング、ブランド論、消費者行動研究、戦略論等の研究領域を踏まえ、健康経営に準じた人的資源基点のマーケティング戦略の有用性を検討する。

 

【研究期間】
2020年4月〜2021年3月

 

【リーダー】
中見 真也 神奈川大学 経営学部 国際経営学科 准教授

 

【企画運営メンバー】
圓丸 哲麻 大阪市立大学 経営学研究科 准教授
大崎 恒次 専修大学 商学部 准教授
大野 幸子 和光大学 経済経営学部 准教授
岩瀬 敦智 学習院大学大学院 経営学研究科 博士後期課程
浅野 健一郎 (株)フジクラ健康社会研究所 代表取締役CEO / 一般社団法人 社会的健康戦略研究 代表理事
篠原 英良 一般社団法人 社会的健康戦略研究事務局メンバー

 

【研究報告会の案内】
次回開催日が決定次第、お知らせします。
 

 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member