マーケティング・
リサーチプロジェクト

女性マーケティング研究会

【研究目的】
 今、女性は「消費すること」「働くこと」そして「産むこと」のすべてを市場から期待されている、日本経済活性化の要である。
 これまで以上に女性が活躍する場や担う役割が広がる中で、企業は生み出される手つかずのニーズに対して、どのように対峙すべきだろうか。あるいは、市場を創造する担い手としての女性はどのように組織と協調していくのであろうか。
 “女性”というキーワードが様々に踊り、世の中を賑わせている昨今、本研究会では、女性マーケターと女性研究者を中心に“女性”が生み出す、市場へのインパクトや新たなマーケティングの可能性について論点整理を行いマーケティング研究として深耕していく。
 
―ウーマノミクスで掲げる政策は女性管理職の目標設定や子育てサービスの充実などバリキャリウーマンや子育て世代(及び予備軍)をターゲットにした施策が中心であるが、女性達のライフスタイルが変化することで、あらゆる世代・属性の衣食住すべてにおいて新たなニーズが台頭するはずである。
―また現代は第四の波、感性の時代とも言われ、調和や共感、柔軟性等を重視する女性的思考も注目されている。 その組織的活用の可能性についても研究の幅として検討を進めていきたい。
 

【研究方法および研究計画】
<研究目標>
女性を切り口にしたマーケティング研究の体系的整理と論点および実践的示唆の導出
 
<研究方法>
① 講演者とコメンテーターによる、ワークショップ方式
 ―コメンテーターが毎回中心テーマと討議課題を設定し、講演者と会場全体での議論を促進する
 ―議論の中で導出された論点の整理と示唆をコメンテーターが取りまとめる。
② ①の成果をワーキングペーパーとして取りまとめ報告書を作成する。
 
<研究計画案>
各回テーマと時期は、以下の通り(予定・調整中)
*変更になる可能性があります。

2015年 7月 第1回テーマ「感性の時代と女性脳」
      コメンテーター:高橋千枝子(予定)
2015年 9月 第2回テーマ「女性営業の実態と可能性」
      コメンテーター:東口晃子(予定)
2015年11月 第3回テーマ「女性とマーケティングの論点整理-今の限界と可能性」
      コメンテーター:本庄加代子(予定)
2016年 2月 第4回テーマ「女性マーケティングに関する学術的研究」

 

【研究期間】
2015年4月〜2017年3月

 

【リーダー】
本庄 加代子 東洋学園大学現代経営学部専任講師、日経ビジネススクール「女性のためのマーケティング実践講座」講師

 

【企画運営メンバー】
高橋 千枝子 三菱UFJリサーチ&コンサルティングチーフコンサルタント
東口 晃子 花王カスタマーマーケティング株式会社チームリーダー
栗木  契 神戸大学大学院経営学研研究科教授
水越 康介 首都大学東京准教授
松井  剛 一橋大学教授
山本 奈央 名古屋市立大学専任講師
吉田 満梨 立命館大学教授
 

【研究報告会の案内】
第6回 2017年3月18日(春のリサプロ祭り)
>「女性を切り口としたマーケティングの可能性」
高橋千枝子(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)・本庄加代子(東洋学園大学)

  

【研究報告会レポート】
第5回 2016年9月13日
>「キャリア女性のための仕事服ブランド「kay me(ケイミー)」~女性活躍が生み出す成長マーケット~」
毛見純子氏(kay me株式会社 代表取締役社長)

 
第2回 2015年10月9日
>「女性を活かすマネジメント~女性営業の活用事例をもとに~」
三原邦彦氏(株式会社ビースタイル 代表取締役社長CDO)

 
第1回 2015年8月25日
>「女性脳とマーケティング」
黒川伊保子氏(株式会社感性リサーチ 代表取締役)

 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member