オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.5 
企業のダイバーシティ推進とイノベーション創出の関連性に関する考察
西田 明紀
発行:2016年10月12日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
企業のダイバーシティ推進とは「多様な人材の能力を最大限発揮させることにより,イノベーションの創出,生産性向上等の成果につなげる(経済産業省 2012)」経営戦略であり,働き方の環境が整った先に多様な視点を取り入れたオープンイノベーションが起こることが期待されているが,イノベーション創出へのプロセスは各社試行錯誤の状態である。一方でフィリップ・コトラー(2014)が提唱しているマーケティング4.0の時代では,さらに企業にダイバーシティの土壌が必要となることが予想され,グローバルな競争環境において日本特有のクローズドな企業文化からの脱却が求められる。
 本稿では谷口(2005)による,日米の企業におけるダイバーシティ推進の捉え方の変遷を整理し,ダイバーシティの5つの発展段階に応じた企業組織の事例を用いながら,企業のダイバーシティ推進の取組みとマーケティング活動によるイノベーション創出の関連性を考察する。
キーワード : ダイバーシティ イノベーション創出 女性活躍 マネジメント コトラー
ページ : pp.264-273
ファイルサイズ : 2,007KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member