オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.7 
育休ママの環境と職業観の研究
定性・定量調査分析により,消費者としての潜在力を考察する
西山 裕子
一般社団法人スタディウィズ 広報
発行:2018年10月08日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
近年,結婚・出産後も働き続ける女性が増え,女性の育児休暇(以下,「育休」)取得率は2016年,81.8%に達している。育休中もスキルアップを目指して,子連れで勉強会に参加するママ達もいる。
本稿の目的は,彼女達の生育環境・家庭や職場の状況を理解し,その生活や職業観を把握して,まだ満たされないニーズを探求することである。まだ多数派ではないものの,個人としても母としても,社会的・マーケット的に,彼女達は今後重要性を増す可能性があり,その潜在力を考察する。
まずは育休者向け経営学講座に参加した女性10人に定性調査を行い,その後,量的調査で56名の回答を得て,分析を実施した。
回答者は高収入で,自由に使える金額も多く,夫と妻の収入は相関が見られた。働く理由として「収入」に加え「自己成長」「仕事が好き」という内発的動機が強かった。家事育児サービスの利用は収入とは相関せず,心理的な抵抗感が多く見られた。衣食住や美容のニーズは多様であるが,「便利」「時短」のニーズが高い。
本稿ではそれらを統合し,働く動機と環境との関係,両立支援のニーズとの概念モデルを提示する。
キーワード : 育児休暇 昇進意欲 家事育児サービス 衣食住のニーズ パワーカップル
ページ : pp.224-237
ファイルサイズ : 1,442KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member