オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
定期会員制度をもつサービス業における収益性と顧客維持率
生命保険とプロサッカーの比較
涌田 龍治
京都産業大学 経営学部 教授
発行:2019年11月26日
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
定期会員制度をもつサービス業の収益性は,顧客維持率を向上させると高まる傾向をもつと先行研究は指摘してきたが,近年,二つの変数は単純な因果関係にないと疑義が呈された。顧客維持率は市場浸透度によって値が偏ってしまうからである。そのため,競合企業を比較できるようなレパートリーを顧客が持っており,それが市場浸透度によるバイアスを除いた顧客維持率に反映されるとともに,企業の収益性に正の影響を与えると先行研究で指摘され,日本の生命保険業においては,そうした因果関係が発見された。しかしながら,先行研究は,単一事例の単年度のデータを用いた分析にとどまっており,異なる年度であっても,あるいは異なるサービス業であっても妥当性をもつのかという点は明らかになっていない。
そこで本稿では,PLS-SEMを用いて,この二点を明らかにした。第一に,先行研究と異なる年度でデータを分析したとしても,生命保険業の収益性はレパートリーに正の影響を受けることが確認された。一方で第二に,プロサッカーチームの収益性は,生命保険業とは異なり,レパートリーに正の影響を受けるわけではないことが明らかにされた。
キーワード : 収益性 顧客維持率 生命保険 プロスポーツ PLS-SEM
ページ : pp.307
ファイルサイズ : 444KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member