オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
「関係の質」、「クリエイティビティ」は企業の生産性に関係を及ぼすか
既存研究の参照と、生活者アンケート調査による検証
森 泰規
博報堂 BID局 ディレクター
発行:2019年11月26日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
本稿の目的はi)組織成員の「関係の質」が表す社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)と企業の生産性との相関,ii)「クリエイティビティ」と生産性との相関,iii)「クリエイティビティ」が「関係の質」と相関するのか検討する。というのも、既存研究は,資金や人材の地理的集約そのものでなく,それらがもたらす人的ネットワークすなわち関係の質がソーシャル・キャピタルとして企業の生産性に影響することを示唆する(Saxenian 1996; Granovetter, 1973; Perry-Smith, 2006)。またEschlemanら(2014)は,クリエイティブな活動をしている人ほど,業務責任範囲を超えても自発的にお互いを助け合う行動(OCB)を取りかつ業務上の成果も高いことを示した。筆者はこれらが実際に日本の就労者でも再現されるのか検証を試み2019年3月に実施した有職者を対象に行ったアンケート調査(2143名。クロスマーケティング社に委託。同社パネル登録者対象。20-69歳男女,全国。)で,i),ii),iii)それぞれの項目に該当する回答傾向をクロス集計し,カイ二乗検定を行ったところそれぞれ1%水準で有意でありピアソンの相関係数でも相関(0.32~0.45),本稿の目的として掲げた相関が確認できた。
キーワード : 社会関係資本 ソーシャル・キャピタル 関係の質 クリエイティビティ 社会学的ディシプリン
ページ : pp.235
ファイルサイズ : 444KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member