オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
流通アンバンドリング現象の考察
中国食品スーパー「盒馬鮮生」の事例
王 慧娟
法政大学大学院 経営学研究科博士後期課程
発行:2019年10月31日
分類:博士単独報告
掲載形態:報告概要
要約 :
 ここ数年でのインターネットとスマートフォンの普及に伴い,消費者はいつでもどこでも買物することが可能になった。この背後には,流通アンバンドリング(元来店舗が取りまとめていた「流通機能の束」の分解)があったのである。現在の中国では,アリババをはじめとして,ニューリテール戦略が展開されており,商流・物流・資金流・情報流におけるイノベーションが起きっている。このような流れは,中国の小売業全体に大きな影響を及ぼしている。
 本研究では,アリババ傘下のO2O食品スーパーである「盒馬鮮生」を対象にした事例研究を行う。そして,ニューリテール戦略が,実店舗の流通機能をどのように解体して,どのように再構築しているのかを明らかにする。その際に買い物価値と小売ブランドという視点から,実店舗の流通機能の分解と再構築を考察していく。一連の考察を通じて,オンラインとオフラインを融合させる今後の小売業の方向性を検討する。
キーワード : ニューリテール戦略 流通アンバンドリング 買い物価値 小売ブランド
ページ : pp.
ファイルサイズ : 100KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member