オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
製造業における価値共創実践のためのフレームワーク
コマツの事例の分析から
清野 聡
安田女子大学現代ビジネス学部教授
発行:2019年10月31日
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
2004年にVargo and Lusch(2004)がSDロジックを提唱して以来、サービスの概念でマーケティングを捉える研究が近年盛んである。Grönroos(2006)は実務的な視点からサービスロジックを提唱し、企業が顧客と直接的な相互作用を行い,価値を生み出す価値共創という概念を示した。本稿は,価値共創マーケティングを製造業にどのように適用すればよいか,そのためのフレームワークを明らかにすることが目的である。そのためにコマツのKOMTRAXを事例として取り上げ,インタビュー調査により実態の解明を行った。分析にあたり,接点(Contact),コミュニケーション(Communication),共創(Co-Creation),文脈価値(Value-in-context)の4Cアプローチ (村松2015)を用い,どのようなマーケティングが行われているかを明らかにし、価値共創を行う上でのフレームワークを導出した。
キーワード : 製造業のサービス化ームワーク 価値共創 直接的相互作用 実践のためのフレームワーク 事例研究
ページ : pp.
ファイルサイズ : 117KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member