オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
デジタル化による人々の情報接触行動の変化とPRの変容
PRテクノロジーの活用とPRの今後
加藤 恭子
株式会社ビーコミ 代表取締役
発行:2019年11月26日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
様々な場面でデジタル化が進むにつれ,PRの世界にもデジタルの波が訪れた。インターネットの台頭や技術革新といったデジタル化の波により,情報流通構造が大きく変化し,生活者の情報接触行動も変容している。そのため,企業や組織のPR活動もそれに合わせて変化し,マスメディア対応に留まらず,ソーシャルメディアを活用したエンドユーザーへのダイレクトな情報発信は必須となってきている。このようにPR活動も多岐に渡り,それをサポートするさまざまなテクノロジー(仕掛け,サービス)が出現している。本稿では今のPRのあり方を整理するとともに,今,必要とされる企業のPR活動について検討し,様々なPRテクノロジーの分類や機能の活用について検討を行う。また,仕組み化をするためのサービスとともに,今も根強く残る属人的な業務や,もともと労働集約的な業界であるPR業界の状況についても整理する。
キーワード : インターネット 広報 PR ソーシャルメディア
ページ : pp.104
ファイルサイズ : 1,474KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member