オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
購買地点と購買使用機器が異なるショールーマーの アパレル商品購買行動の考察とマーケティング施策の検討
吉井 健
大妻女子大学家政学部被服学科
発行:2019年10月31日
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
スマートフォンの発展により,アパレル商品をネット店舗で購買する消費者が増え,さらにはリアル店舗とネット店舗を往来してショーミング行動をする消費者(ショールーマー)が増えている。本研究の目的は,購買地点と購買使用機器が異なる多様なショールーマーの購買行動と購買感情を考察すると共にアパレル小売事業者のマーケティング施策を検討することに置く。既存研究に基づき,「知覚リスク低減効果への満足感」,「快楽性への満足感」を構成概念(因子)として観測変数を定めた仮説モデルを設定し, 3つの購買タイプのショールーマーの行動分析を行った。本実証分析結果を踏まえ,リアル店舗におけるビジュアル・マーチャンダイジングの充実化とサイト売場との連携,そして自社ブランドサイトの充実化等を提言する
キーワード : ショールーミング スマートフォン オムニチャネル ネット店舗 リアル店舗
ページ : pp.
ファイルサイズ : 335KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member