オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
エンタテインメント・イベントに参加する消費者行動分析におけるアタッチメント・スタイルの援用
榎沢 祐一
嘉悦大学大学院ビジネス創造研究科博士課程
発行:
分類:博士単独報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
 近年のカスタマー・ハラスメントの問題の中でも,他の消費者への被害が生じるという点で従来と異質で,影響範囲が大きいのが,エンタテインメント・イベントである。
 エンタテインメント企業の中には,ヒューマン・ブランドに依存しないイベント運営を模索する企業もあるが,その成否においては,消費者の運営への協力,すなわち他者への支援行動やモラルに基づく行動といった向社会的行動が欠かせず,マネージャーはマーケティング・コミュニケーションを通じて,消費者を向社会的行動に誘導することが必要である。
 消費者の向社会的行動の作用因は,マーケティング論では,主に社会的アイデンティティ理論を援用したブランド・コミュニティの観点から考察されてきたが,ヒューマン・ブランドに依存しないエンタテインメント・イベントにおいては,異なるアプローチから検討を行う必要があると考えた。そこで,先行研究が殆どないアプローチとして,消費者集団ではなく,消費者個人に焦点を当て,対人関係におけるパーソナリティ尺度であるアタッチメント・スタイルの援用が有用であることを提案する。
キーワード : カスタマー・ハラスメント エンタテインメント・イベント 向社会的行動 パーソナリティ アタッチメント・スタイル
ページ : pp.
ファイルサイズ : 229KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member