オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
創薬ベンチャーのオープン・イノベーション
ライセンシングのためのコミュニケーション
冨田 健司
同志社大学 商学部 教授
発行:
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
創薬ベンチャーは基礎研究や探索研究に特化する経営資源の選択と集中により,新薬へと発展できそうな候補物質を見つけ出し,それを製薬企業などへライセンシングする。オープン・イノベーションを前提とした研究開発行動をとっているが,ライセンシングの実際の件数はさほどでもない。そこで本研究では,オープン・イノベーションのパフォーマンスに影響を与える要因を探るため,7つの仮説を設定し,質問票調査を行った。創薬ベンチャー349社に質問票を郵送し(41通が宛て先不明),42社から有効回答を得た(返信率は13.6%)。重回帰分析を行った結果,オープン・イノベーションにおけるコミュニケーションの重要性を見出すことができた。技術志向型の企業において,コミュニケーションへの意識は低くなりがちだが,コミュニケーションや顧客志向への意識を高めることが,オープン・イノベーションのパフォーマンスを高めることになるのである。
キーワード : 商談 顧客志向 新規性 技術志向型企業
ページ : pp.
ファイルサイズ : 194KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member