オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
SNS上の他者がユーザー行動に及ぼす影響
非発言者の存在に着目した実験による検証
松井 彩子
一橋大学大学院 経営管理研究科 博士課程
発行:
分類:博士単独報告
掲載形態:報告概要
要約 :
近年,企業と消費者のコミュニケーションツールとしてはもちろん,消費者間の情報伝達手段としても,ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下,SNS)は必要不可欠である。特に,世の中がCOVID-19の脅威に晒されている現在,SNS上の情報が発端となり,しばしば消費者行動は激変する。本論は,このメカニズムの背景にあるラーカーやサイレントマジョリティーと呼ばれる非発言者に着目し,社会的影響研究の理論に立ち返って,非発言者の集積がその他のユーザーに及ぼす影響を実証することを目的とする。実証には,シナリオ設定の実験手法を用いた。非発言者の集積規模の大小,情報発信者の持つフォロワー数の大小の,2×2の4つの実験群を設計した。各実験群につき464人,総計1,852人の被験者からの回答を得た結果,情報発信者の属性に関わらず,非発言者の集積数が大きいことが,それを目にした情報受信者のユーザー行動に正の影響を及ぼすことを実証した。具体的に,行動を起こす障壁が低い,「いいね」や「シェア」ボタンを押す意向,並びに,行動を起こす障壁が相対的に高い,ブランドの情報収集意向,ブランド購買(利用)意向が高まることが明らかとなった。
キーワード : ソーシャル・ネットワーキング・サービス マーケティング・コミュニケーション 社会的影響 社会的インパクト理論
ページ : pp.
ファイルサイズ : 109KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member