オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
ブランド研究はどう発展すべきか?
被引用上位2000位までのブランド研究論文から見えてきた40のトピック
宮井 弘之
㈱SEEDATA 代表取締役
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
今後のブランド研究の発展につながるインプリケーション導出を目的として,1825年から2020年までのブランド関連論文2000本のレビューを行った。レビューには計量書誌学アプローチとしてトピックモデルを用い,各論文の妙録から40のトピックを導出した。トピックの分析を通じて「ブランド戦略論」「ブランド消費者行動論」「ブランドコミュニケーション論」「産業別ブランド論」「その他の議論」による5つの大分類でブランド研究を俯瞰するフレームワークを提案した。また,ブランド研究の課題として,ポジショニングに関する議論の不足,ブランド研究におけるディシプリンの多様性欠如,デジタル化を意識した研究の盛り上がりの低さ,質的調査の重要性を指摘した上で,今後のブランド研究のリサーチアジェンダを提案した。
キーワード : ブランディング ブランド戦略 トピックモデル レビュー LDA
ページ : pp.
ファイルサイズ : 171KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member