オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
個人知の活用と持続的幸福度の関係性
スキルシェアがもたらす社会的価値
青木 慶
甲南大学 マネジメント創造学部 准教授
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
 本稿の目的は,スキルシェア参画者が享受する社会的価値に焦点を当てて,個人知活用の新たな側面を提示し,これを促進する一助となることである。個人知の結集ともいえるユーザーイノベーションは,インセンティブの欠如から普及が進まず,先行研究で「市場の失敗」として指摘されてきた。ユーザーイノベーションの普及は,究極的なスキルシェアである。本稿では,スキルシェア参画者が得るインセンティブを追究することで,この問題に対する解決策の提示を試みた。
 具体的には,ポジティブ心理学で開発された,ウェルビーイングを構成する持続的幸福度の尺度を用いて,スキルシェアの参画者とコントロールグループ(年齢・性別・居住地域において,日本の人口分布の比率に準じたサンプル)を比較した。その結果,前者の持続的幸福度は有意に高い水準であった。これは個人知の活用の,ウェルビーイングの向上という副次的な効用を示唆するものである。このような側面が周知されれば,まだ表出していない個人知を引き出すことができるのではないかというのが,本調査から得られた重要な示唆である。

キーワード : ユーザーイノベーション 市場の失敗 シェアリングエコノミー ウェルビーイング PERMA
ページ : pp.
ファイルサイズ : 107KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member