オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
CSVを実践する新手法の検討
サンテFXシリーズで働き方改革を推進するコミュニケーション戦略
寺澤 佳大
同志社大学大学院ビジネス研究科
杉浦 充
ADKマーケティング・ソリューションズ
山下 貴子
同志社大学大学院ビジネス研究科 教授
発行:
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
本稿ではCreating Shared Value(以下,CSV)の実践が進んでいないことに鑑み,実践を進める方法として企業活動の一部におけるCSV実践のプロセスの検討を行った。今回は既存商品でありながらコミュニケーション戦略において新たなポジショニングを形成しCSV実践に成功したサンテFXシリーズ(参天製薬株式会社)の「#ニュータイプでいこう」キャンペーン事例を検討の対象とし,事例の詳細を明らかにした上で詳細な分析を実施した。この結果から企業活動の一部,具体的には4PのPromotion範囲内でも充分にCSV実践が可能であることを確認した。この事例検討の結果をもとに,一製品のPromotionを起点としたCSVの実践モデルである「部分的CSV実践モデル」を新たに提言し,CSV実践の新手法を提示した。
キーワード : CSV 医薬品マーケティング プロモーション 働き方改革 SNS
ページ : pp.
ファイルサイズ : 161KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member