オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.9 
インナーブランディングを促進するブランド・プラクティスの実証研究
― 理念浸透がもたらす組織への効果。「庄や」を事例として―
嶋尾 かの子
むすび株式会社ブランド構築研究開発室室長
発行:
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
昨今, 理念浸透の重要性が取り上げられているにもかかわらず,その取り組み内容から浸透のメカニズムまでを貫く「理念浸透する要素」について語られることは少なかった。また,理念が組織マネジメントを通してどのように浸透していくのか,マネジメントする側とされる側の目線合わせはどのように浸透していくのかについての研究は数少ない。本論では,「組織の理念に共感し,自らの理念・価値観と重ね合わせ,組織と自分の理念達成のために起こす主体的な行動」を表すブランド・プラクティス理論を,庄やのビジョン浸透活動であるバリューに沿った取り組みと,社内SNSへの投稿,またその評価(自店,上長,ビジョン浸透)と売上推移の調査に応用し,インナーブランディングの促進を「従業員を巻き込み,仕組み化する」という側面から分析したものである。相関分析の結果,ビジョンと評価の相関が見られた。これにより,ビジョン浸透によって階層間で同じ目線を得られることが示唆された。
キーワード : 理念 理念浸透 ブランド ビジョン インナーブランディング
ページ : pp.
ファイルサイズ : 368KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member