オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
ブランド統合型サステナビリティ戦略の可能性
ー成功事例分析に基づく類型化と課題の抽出ー
奥住 佳子
早稲田大学大学院 経営管理研究科
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
 本研究の目的は,近年,企業各社が注力しているサステナビリティ戦略と無形資産であるコーポレートブランド戦略との関係を整理し,ブランド統合型サステナビリティ戦略のフレームワークを提示し,各社の類型化と課題の抽出を行うことである。
 まずブランド価値とサステナビリティ評価の2軸でランキング上位の企業を類型化した結果,それぞれの重視度によって,4つの企業群に分類できることがわかった。さらに,その企業群のうち,食品・飲料業界に焦点を当て,各類型にそれぞれ属する4社(サントリー,キユーピー,味の素,カルビー)について,Kumar amd Christodoulopoulou (2014)に基づくフレームワークを用いて比較検討した。その結果,ブランド統合型サステナビリティ戦略をとるサントリーは,他の3社に比べて,戦略・オペレーション・マーケティング・ブランディング・企業価値のいずれの側面においても適切に対応されていることが明らかになった。
キーワード : サステナビリティ コーポレートブランド インターブランド CSRランキング 類型化
ページ : pp.
ファイルサイズ : 644KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member