オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
なぜ知の共有が持続的幸福度を高めるのか
AFOLの事例より
青木 慶
甲南大学 マネジメント創造学部 准教授
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
本稿の目的は,個人知の活用が持続的幸福度を向上させるという先行研究の結果を受けて,なぜそれが起こるのかを明らかにすることである。この問いを追究するために,本稿では,個人知を結集した,自身の創作を他者に共有する,大人のレゴブロック愛好者(Adult Fans of LEGO; AFOL)10名へのインタビュー調査を実施した。GTAを用いて,ウェルビーイング理論に照らして分析した結果,なぜ知の共有が持続的幸福度を高めるのかという本稿の問いに対して,知を共有することで,さらに当人の知識や経験が深化するからであると結論づけるに至った。当人の中で経年的に培われた知が,他者との共創によりさらに深化し,その先には次世代への継承という,さらに大きな時間の流れに合流していた。
キーワード : ユーザーイノベーション 共創 コミュニティ ウェルビーイング PERMA
ページ : pp.
ファイルサイズ : 195KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member