オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
日本酒市場の将来性に影響を及ぼすマーケティング戦略の分析
若手蔵元に対するエフェクチュエーション論理の可能性について
中井 次郎
THREE AND ディレクター
佐藤 善信
関西学院大学大学院経営戦略研究科・教授
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
本研究の目的は,日本酒市場の改革をリードしてきた代表的な若手蔵元の事業戦略とマーケティング戦略との関連性の分析を行い,新市場カテゴリーの創造に必要な事業戦略とマーケティング戦略を明らかにすることである。ケース・スタディ方式による調査をもとに分析を行った結果,事業の成長段階が進むにつれ,既存のマーケティング理論による事業戦略フレームとの間に齟齬が生まれ,市場が不確実性の高い環境に直面していることが明らかとなった。また,若手蔵元の意思決定手段においても,事業承継者としての動きではなく,起業家としての要素が大きいことが明らかとなり,その状況に適合したマーケティング戦略を補完するエフェクチュエーション論理の可能性を示した。
キーワード : 日本酒市場 事業戦略 マーケティング戦略 若手蔵元 エフェクチュエーション
ページ : pp.
ファイルサイズ : 1,431KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member