オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
清酒製造業における成分ブランディング
GI山形の取得過程を事例として
庄司 義弘
新潟大学大学院現代社会文化研究科
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
清酒の国内市場の縮小は,清酒の生産量減少や清酒製造業企業の減少をもたらすようになった。山形県の清酒製造業は,1980年代以降,酒造好適米や酵母,生産技術などの成分ブランドの開発をおこない2016年に県単位ではじめてGI(地理的表示)の認証を取得した。GI(地理的表示)の認証取得は,成分ブランディングされた経営資源を使い最終製品を作り上げる機能と,消費者に対して商品選択の優位性を提示する機能を清酒製造業企業に持ち合わせることを可能にした。GI(地理的表示)の基準をクリアした最終製品は,陳列販売の製品群のなかで良質な製品として一般消費者に認識され,購買の優先度が上がる効果と清酒製造業企業において,品質管理の厳格化と製品品質の安定化を意識する効果をもたらした。
キーワード : 地域ブランド GI(地理的表示) 等級別制度 中小企業近代化促進法
ページ : pp.
ファイルサイズ : 786KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member