オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
戦前のミキモトのグローバル市場戦略
― 社員間の書簡をもとにした国内と海外のマーケティング比較 ―
杉林 弘仁
神戸大学大学院 経営学研究科博士後期課程
発行:
分類:博士単独報告
掲載形態:報告概要
要約 :
ミキモトは海外からも注目されるグローバルなラグジュアリー・ブランドである。その事業が確立されたのは第二次世界大戦以前のことであり,当時の市場活動は不明なところが少なくない。本研究では,これまでの研究では利用されることのなかった当時の書簡を読み解くことで,戦前の御木本のグローバル・マーケティングを検討する。御木本は,宝飾品市場の未発達であった国内では製販統合型による小売モデルを採用し,海外では現地の流通システムを利用する素材特化型の卸売モデルを採用する。戦前の御木本は国内と海外では異なる体制をとったが,国ごとの製品ライフサイクルの違いを踏まえると,いずれも市場適応のための合理的な行動であると理解できる。
キーワード : グローバル・マーケティング 経営史 ラグジュアリー・ブランド 製品ライフサイクル
ページ : pp.
ファイルサイズ : 269KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member