オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
米国消費者の「日本発リテール・ブランド」の評価属性とは?
FGIからの検討
圓丸 哲麻
大阪市立大学 経営学研究科 准教授
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
“Made in Japan”という製品属性,またブランド属性は,製品カテゴリーを問わず,日本国内外の消費者の購買意思決定時の評価基準として重要な役割を果たしている。しかしながら,既存の原産国情報(COO)研究では,統一的で包括的議論が存在しないこと,さらに耐久財を対象にした研究が主であり,半耐久財や非耐久財に対する影響を検討している研究は少なく,さらに日本産を対象とする研究はほとんど存在しないという課題が指摘される。本研究では,当該研究領域の課題を補完すべく,海外消費者が保有する「日本との親和性(心理的距離の近・遠)」と「日本国や文化に対するイメージ(良・悪)」による,日本産(半耐久財・非耐久財)の評価や購買行動への作用を検討する。本稿ではその研究の一部として, 日本在住アメリカ人消費者を対象とした,日本の小売ブランドの評価に関するフォーカスグループインタビューの調査結果を提示する。
キーワード : 原産国情報(Country-of-Origin) 自民族中心主義(Consumer Ethnocentrism) 製品-国家間イメージ(Product-Country Image) Made in Japan フォーカスグループインタビュー
ページ : pp.
ファイルサイズ : 1,230KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member