オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
ブランドライセンスにおけるライセンサーとライセンシーの組織間関係の考察
絵本ブランドを事例として
加藤 薫
東京都立大学大学院博士後期課程
発行:
分類:博士単独報告
掲載形態:報告概要
要約 :
本研究では,ブランドライセンスにおけるライセンサーとライセンシーの組織間関係構築のプロセスを,二つの絵本ブランドを事例とし,ライセンシーの依存への対応から検討していく。企業提携の一つであるライセンスは,ブランドという資源を介して形成された相互依存的な組織間関係である。ブランドライセンスは,ブランド拡張やブランドアライアンスの手段として,研究が蓄積されてきており,それらはブランド保有者であるライセンサー側から研究されることが多かった。また,ブランド棄損など機会主義的行動に対する懸念がライセンスの課題として残されている。そこで,本研究は,ブランド使用者であるライセンシーへの定性的な調査を行い,組織間関係の形成,維持について資源依存理論を援用しながらライセンシー側から考察していく。
キーワード : 関係性 資源依存理論 代替源の数 資源の変化
ページ : pp.
ファイルサイズ : 826KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member