オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.10 
狭小商圏型ドラッグストアにおけるID-POSによる顧客分析とISM構築
五島 光
経営戦略研究所株式会社
尾池 勇紀
光株式会社
山下 貴子
同志社大学大学院ビジネス研究科
発行:
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
本研究では,狭小商圏型のドラッグストアの顧客の購買行動の特徴を明らかにし重要度が高い顧客セグメントを特定したうえで,重要度の高いカテゴリーのシェアを拡大する方策について検討を行った。顧客ID-POSデータを用いてRFM分析を行った結果からは特定のカテゴリーのシェアを獲得すると,来店頻度が向上し,顧客と従業員の接点が増えることでストア・ロイヤルティ向上が見込めるという結果を得た。つぎに,地域性を付加価値としたプレミアムPB戦略をISM(PB商品戦略とVMD)の考え方に当てはめてドラッグストアの店頭で実証実験を行った結果,来客数・販売個数・売上金額に対してチラシ・ポイントデー・気温・天候による影響は見られず,VMDの効果により販売個数と売上金額が増加したことが実証され,当該戦略の実現可能性の高さを認めることができた。
キーワード : 購買行動 PB商品 RFM分析 ストア・ロイヤルティ マルチレベル分析
ページ : pp.
ファイルサイズ : 198KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member