オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.5 
アパレルECにおける タグ・マーケティングの萌芽
消費者視点のセグメンテーションは可能か
宮本 麻紀子
発行:2016年10月12日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
拡大するアパレルEC市場において,商品の選択肢はますます増大し,消費者は商品選択が困難な状況に陥っている。加えて,アパレルEC各社の戦略も独自に差別化されているとはいえず,アパレルECサイトの構成も企業によって大きな違いは見られない。このようにモノとしてのコモディティ化が進むアパレル市場であるが,だからこそ消費者側では商品選択時に感性的要素をより重視する傾向が高まる。しかし,現状のECサイトのようなアイテム別を主とした商品分類では,必ずしも消費者の感性的な好みを十分に反映できていない。
以上の問題意識から,本稿ではタグ・マーケティングによるECサイト上の商品分類の可能性について論じる。タグ・マーケティングは,ウェブサービスの機能であるハッシュタグ(以下,タグ)を活用し,ECサイトに顧客のニーズを反映するための手法と位置づけられる。タグはハッシュマーク(#)付きのキーワードを付与することで,その投稿が何に関するものかを示し,同じタグがついた投稿を一覧できる機能である。タグは誰もが新規に付与できるため,商品に消費者自身がタグを付けることで,消費者主導型のECサイトが構築できる可能性がある。
キーワード : タグ・マーケティング ECサイト アパレル 消費者主導 セグメンテーション
ページ : pp.53-60
ファイルサイズ : 593KB


>一覧
 
Join us

会員情報変更や、領収書発行などが可能。

入会についての詳細はこちらから。

member