オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.6 
ブランドがもたらすロイヤルティー効果の実証研究
消費財32品とブランド農水産品(米,牛肉,水産品)に対するバイヤー評価の統計的検証
森 泰規
株式会社博報堂 BID局 コンサルタント
発行:2017年10月12日
分類:一般報告
掲載形態:フルペーパー
要約 :
本稿では,「『ブランドが果たす効果』は『プレミアム効果』と『ロイヤルティー(いわゆるリピート購入)』である」(石井淳蔵他,2013),という通説を,いったん<理論仮説>として取扱い,特に後者の「ロイヤルティー」について,その実証を試みる。方法としては,2015-16年の間に一般新聞紙『日経MJ』に掲載されている調査報告記事(調査方法は約3週間程度,FAXで実施。百貨店,スーパーで当該担当商品の仕入れを担当しているバイヤー約250名程度を対象とし,凡そ50%程度の回答率。実施日経リサーチ社)をもとに再構成するものとした。また,解析は,一般的に使用されている表計算ソフトを用い,r:Correl 関数計算に拠る相関を示した。結果として,消費財32品目については,「ブランド力」評価と「リピート購入率評価」に統計的に有意な相関がみられた(r相関係数の平均0.87)。一方「米」「牛肉」「水産品」については,「米」以外にリピート購入率評価がみられず,むしろ逆の相関を示した(r値 牛肉0.27 水産品-0.44)。これらにより,「ロイヤルティー効果」は実証されたものと判断するが,ただし,その効果が該当しないカテゴリーの存在を示唆した。
キーワード : ブランドがもたらす効果 ロイヤルティー効果(リピート購入率) ブランド農水産品
ページ : pp.236-249
ファイルサイズ : 3,366KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member