オーラルセッション

オーラルセッションの要旨・フルペーパー(報告概要)の閲覧・ダウンロードが可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.6 
アカウント・アイデンティティ・プロジェクト
ソーシャルメディアにおける企業と消費者のインタラクションのメカニズム
麻里 久
首都大学東京大学院 社会科学研究科経営学専攻
水越 康介
首都大学東京 社会科学研究科経営学専攻
発行:2017年10月12日
分類:一般報告
掲載形態:報告概要
要約 :
 本研究では,ソーシャルメディアにおける企業と消費者のインタラクションに焦点を当て,その実現の仕方と意味についてアイデンティティ・プロジェクトを手がかりとしながら考察を行う。これまで,企業によるインターネットサービスやソーシャルメディアの活用は,消費者との広いインタラクションを可能にするものと想定され,企業と消費者あるいは消費者間のインタラクションを前提として考えられてきた。しかし,近年では広いインタラクションが乏しい状態としてブランドパブリックという概念が提示されるなど, 改めてインタラクションの存在が見直されるようになっている。そこで本研究では,積極的なインタラクションに取り組んでいる企業公式Twitterアカウントに注目し分析を行った。その結果,消費者だけではなく,企業や運用担当者も企業アカウントとしてのアイデンティティを確立するための活動(アカウント・アイデンティティ・プロジェクト)を行っており,その活動を通じて形成される企業アカウントのアイデンティティ(アカウント・アイデンティティ)が消費者のインタラクションやアイデンティティ・プロジェクトを推進している可能性を示す。
キーワード : ソーシャルメディア ブランドコミュニティ ブランドパブリック アカウント・アイデンティティ Netnography
ページ : pp.43-44
ファイルサイズ : 237KB


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。