ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.7 
Quantifying consumer perception of designer intent
design management perspective that bridges marketing and engineering
重本 祐樹
富山国際大学 現代社会学部 講師
発行 : 2018年10月08日
報告要旨 :
本研究は、デザイナーが製品形態を通じて伝達を意図したプロダクトパーソナリティ(PS)と消費者が認知する同製品のPSとの合致度を評価する手法を提案し、有効性の検証を行った。“デザイナー主導SD法”と“パーソナリティ選択”と名付けられた新規手法および“Agreement(同調:同じ消費者グループ内における同一製品のPSに対する印象の類似度合い)”と“Correspondence(合致:消費者グループの認知総体とデザインの意図との類似度合い)”という分析枠組みを用い、デザイナーが意図した記号的PS(製品のイメージ)と象徴的PS(製品の所有者・使用者のイメージ)に対する日英消費者の視覚的認知を一元配置分散分析とカイ自乗検定で比較検証した結果、記号的PSは文化的背景に関係なく類似的に認知される傾向にあり、象徴的PSは文化的背景によって異なる認知をされやすいことが明らかとなった。また、記号的PSの方が象徴的PSよりも消費者に印象強く残ることも分かった。製品に対する消費者認知をデザインの意図の視座から考察した研究があまり無く、本研究の視角はマーケティング分野の発展に寄与するものであると期待される。
キーワード : design management designer intent consumer response design communication design methodology


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member