ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.7 
「店舗メディア化による体験価値の可能性」
~顧客ロイヤリティによる小売再生への示唆~
大槻 純一
CMOパートナーズ 代表
発行 : 2018年10月08日
報告要旨 :
アマゾンに代表されるECの台頭によって、商品はいつでもどこでも購入することでき、店舗はショールミングされる等苦境に陥っている。また消費者はSNSの日常化に代表されるように体験を重視した行動を取っている。多くの商品においてコモディティ化が進み、どこでも購買できる環境の現代においてリアル店舗がどう魅力を再定義するかは、重要な課題である。まだまだ多くの店舗にとって、流通という名の棚に並んでいる商品を買うだけの場にとどまっている事例が散見される。では「リアル店舗は今後魅力を再定義するためにどのような道を歩めばよいのか」を探る事が今回の目的である。ダグ・スティーブンス著作の小売再生でも記述があるように、リアルな場を活かした体験が顧客を惹きつけるものであると思われる。その過程を通して店舗がメディア化していくと考えている。そこでどのような体験が店舗やブランドロイヤリティに効くのか整理し、また効くとすればどの程度効くのかを明らかにしていく。調査手法として顧客による店舗体験やそれらの差を比べることによって実施する。この研究が今後のリアル店舗再生を図る企業の一助となり、実践的示唆になることを望むものである。
キーワード : 経験価値 ロイヤリティ 店舗


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member