ポスターセッション

ポスターセッションの報告要旨の
閲覧が可能です。

 

 日本マーケティング学会 カンファレンス・プロシーディングス Vol.8 
スモールデータ分析のススメ
fsQCAを用いた小商圏における買い物客の顧客満足の規定要因の解析
横山 斉理
法政大学 経営学部 教授
東 伸一
青山学院大学 経営学部 教授
金 雲鎬
日本大学 商学部 教授
発行 : 2019年10月31日
報告要旨 :
本研究の目的は2つある。
ひとつは,狭い商圏において複数の店舗を買い物先として選択的に行動する消費者の顧客満足がどのような要因により規定されるのかを明らかにすることである。この目的のもとで,本研究では特定エリアの消費者に対して質問票調査を実施し,得られたデータを分析する。これにより,当該研究分野における学術的貢献および実務的貢献を目指す。
もうひとつは,上記のデータ分析を通じて,消費者の態度についてのスモールデータを分析することの学術的・実務的意義を示すことである。情報技術の進展によりマーケティング研究に用いることができるデータ量が爆発的に増え,行動データも入手可能になっているが,こうしたデータを用いた研究の中には,学術的・実務的示唆が乏しい研究も散見される。本研究では,どのタイプの研究にはどのタイプのデータ(量/態度・行動)を用いた分析が適しているかを議論する手掛かりとなることを目指している。
キーワード : スモールデータ 小商圏 顧客満足 小売ミックス 質的比較分析(QCA)


>一覧
 
Join us

会員情報の変更や、領収書の発行などができます。

入会についての詳細はこちらから。

member